ゴッドフェス

神さま大集合中!
11月24日夕刻(午後7時頃)~
12月1日夕刻(午後4時以降)まで

What is Kamiariduki 神存月って何のこと? What is Kamiariduki 神存月って何のこと?

旧暦10月(今の11月)は、全国の八百万(やおよろず)←すごくたくさん!の神々が出雲の国に集まる月といわれています。
ほんとだよ。

稲佐の浜と神様

出雲では10月のことを
「神在月」と呼びます

漢字で「月」を表すことを和風月名と言ったりするけど、10月を漢字で書くと「神無月」。 これは全国の神々が出雲大社に集まり、各地の神々が留守になる月だからなんだ。 だからもちろん、ここ出雲では「神在月」と呼ぶんだよ。 神々が集う出雲の各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、「神在祭(かみありさい)」そして、全国に神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。 まさにゴッドフェス!ってことなんです。

What is Kamiariduki ご案内するのはもちろん! What is Kamiariduki ご案内するのはもちろん!

やぁ、はじめまして、僕の名前はオオクニヌシくん、そう!神さまだ!
令和2年11月24日(旧暦10月10日)、ゴッドフェスが出雲の國で開催されるんだ!
この特設カウントダウンページでは、ゴッドフェスの詳細について紹介していくけんよろしね!

出雲を見守る神様

神さま達が最初に到着する場所
「稲佐の浜(いなさのはま)」

神さま達が最初に到着する場所「稲佐の浜(いなさのはま)」
稲佐の浜は神迎神事・神迎祭を迎えるにあたって、全国の神さま集まってくるところ。
出雲大社に集まる全国八百万の神さまが、「稲佐の浜」から出雲の國へ上陸すると言われているんだ!この「稲佐の浜」から神迎神事・神迎祭ははじまるわけなんだよ!まさに「ゴッドフェス」!
もともと、「稲佐の浜」は国譲り、国引き神話の舞台となったところで、天照大御神(アマテラスオオミカミ)から、国譲りの使命を受けた建御雷神(タケミカヅチ)が大国主神(オオクニヌシノカミ)と出会った、い・わ・ゆ・る出会いの場所でもあるんだよ!
話しを元に戻すけど、去年もたくさんの参拝者がここに集まってくれたんだ!
そう!ここがゴッドフェスのはじまりの場所なんだ!

神さま達の通り道
「神迎の道」

ゴッドフェス!あっ、神在月のことだけんね(笑)…神迎神事が終わると、龍蛇神が先導となって、絹垣で覆われた神籬(ひもろぎ※)は、奏楽の中、「稲佐の浜」から「出雲大社」へと行列を作って向かうんだ!
行列に参拝者が続いていくわけなんだけど、その「稲佐の浜」から「出雲大社」への通る道のことを「神迎の道」と呼んでいるんだよ!
※ひもろぎ・・・臨時に神さまを迎えるための依り代(よりしろ)となるもののこと。

出雲大社神楽殿で執り行われる
「神迎祭」

出雲大社神楽殿で執り行われる「神迎祭」
神迎の道」を通って、全国の八百万(やおよろず)の神さまたちがゴールするところは、「出雲大社神楽殿」だよ!
「出雲大社神楽殿」では、「ようこそ!お越しくださいました!」の意味を込めて、「神迎祭」が国造(こくそう)以下全祀職によって、執り行われるんだよ!
「神迎祭」が終わると、神さまたちは東西の十九社(旅宿社)でおやすみになるんだよ!また、参列者のみんなには、御神酒とお餅が振る舞われるのでしっかりゲットするといいと思うよ(笑)

神さま達がお泊りになる
「十九社」

神さま達がお泊りになる「十九社」
「神迎祭」の流れからの「十九社」なわけだけど、ここは現代風に言えば、旅館といった感じだよ!
とっても寝心地がいいんだ(笑)
神さま達がお泊りになる「十九社」

神議りが行われる出雲大社の摂社
「上の宮(仮宮)」

神議りが行われる出雲大社の摂社「上の宮(仮宮)」
目が覚めるといよいよ本番(笑)
平成25年11月13・17・19日(旧暦10月11・15・17日)には、出雲大社の摂社「上の宮(仮宮)」で壮大な縁結びや来年の様々なことについての神議りが行われるんだよ!
この7日間は、「神議り」→「お祭り」→「神議り」→「お祭り」とたくさんのフェスティバルが行われるんだ(笑)

神さま達の直会(なおらい)会場
「佐太神社」と「万九千神社」

「佐太神社」
「万九千神社」
フェスティバルが終わると、待ちに待った(笑)というのは冗談で、「直会(なおらい)」があるんだ!
現代風に言えば、「打ち上げ」って感じかな!?
その直会が開かれる場所っていうのが、「佐太神社」(さたじんじゃ)と「万九千神社」(まんくせんじんじゃ)なんだ!
そして、直会を終えて、それぞれの国へ還られてフェスティバルは終了するわけ!
ヤソガミ